性別ごとのドックフード選び

犬の性別に分けてドッグフードを選ぶ必要は特にないと思います。

ただし、特に女の子の場合には避妊手術をすると非常に太りやすくなる傾向があります。
これは、ホルモンバランスが崩れるからではないかと一般的に言われておりますが、
特に避妊直後には太る傾向にあると言われています。

男の子の場合にも去勢手術があり、この去勢手術のあとは太りやすくなると言われておりますが、
女の子ほど注意する必要はないかもしれません。
これは一概になりません、とは言い切れませんが、
女の子の場合でも男の子の場合でも、注意するにこした事はありませんよね。

避妊手術直後の場合、
ドッグフードメーカーによっては、
避妊去勢手術後の体重管理用というドッグフードを販売している会社もあります。

このドッグフードを必ず食べさせないといけないというわけではありませんが、
避妊去勢手術後には市販のものを利用するのであれば、体重管理用のドッグフードを選んであげたほうがいいかもしれません。

じゃあ、避妊去勢手術後どれくらいの期間、
その体重管理用を食べさせればいいの?と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。

目安としては、1~2ヶ月ほどではないかと思います。
今まで食べさせていたドッグフードからいきなり体重管理フードに変えることになりますので、
愛犬の身体が新しいドッグフードに慣れるまでしばらく時間もかかります。

下痢になってしまう恐れもありますので、ご飯を別の製品に切り替えるときには、
約1週間から10日間かけて徐々に切り替えていく必要があります。

毎回の食事に今まで食べていたドッグフードから新しく切り替えるドッグフードを少量づつ混ぜていき、
新しいドッグフードを少しづつ増やしていくようにしてください。
そうすることによって、愛犬のお腹の調子を悪くすることなく、
スムーズに食事を切り替えることができるでしょう。

愛犬の体調管理は飼い主の責任ですから、しっかりと愛犬を観察することによって、
未然に防げる病気は防いであげるように心がけていただきたいと思います。