年齢に合わせたドックフード選び

犬の成長は人間の何倍もの速さです。

年齢に合わせて、必要な栄養素が違うということをご存知ですか?
生まれてから1歳までは 幼犬用のドッグフードを必ず選んであげましょう。

幼犬の時には、幼犬が成犬に育つまでにかなりの栄養が必要になります。
幼犬用のドッグフードには必要な栄養が詰め込まれています。
運動量も幼犬は成犬よりもありますので、沢山の栄養が必要になるというわけです。

1歳を過ぎると幼犬用のドッグフードでは栄養がありすぎてしまい、
そのままあげ続けてしまうと肥満の原因になります。
幼犬の頃よりも運動量が抑えられてくるからです。

なので、1歳~6歳頃までというドッグフードが販売されています。
これは一般的にこの年齢の犬の必要な栄養量で生産されており、
運動量に適した栄養を考えられて作られています。

肥満になるとなかなか痩せられません。
犬にとってもダイエットは辛いものです。
適正な量を適正な年齢で与える、ということが飼い主の責任となります。

7歳を過ぎてくると、この頃よりさらに運動量が減ってくるので、
必ず7歳以上の子にあげるドッグフードに切り替える必要があります。

ひと粒ひと粒に入っている栄養が幼犬用~シニア用までを見ると、
つぶの色が茶色が薄くなっていっているものが多いです。

さらに12歳頃を超えると、高齢犬用のドッグフードも売られています。
ほとんど運動量がなくなってしまった犬のためのお食事です。
このようにドッグフードは年齢により運動量が減っていくため、
栄養のバランスを考えながら一日の必要栄養摂取量をバランスよく保たれています。

飼育している犬の適正年齢にあったドッグフードを与えないと、
消化器官などに悪い影響を及ぼすこともあるということです。

犬にとって食事は楽しみのひとつだと思ってください。
犬にとっての楽しみはお散歩と食べること、それから飼い主と遊ぶことです。

人間だって食事は楽しいですからね。
犬にとっても同じことですよ。