大型犬に与えるドックフード

大型犬は一日の食事の量が多いですよね。
そりゃそうですよね。
人間だって子供が成長するにつれ、食べるご飯の量が増えていきます。

大型犬は身体が大きいのでたくさん食べないと一日の栄養も足りません。
ですので、大型犬用のドッグフードは粒も大きくなっています。

大型犬と呼ばれる種類は、
ラブラドールレトリバーやゴールデンレトリバー、秋田犬やジャーマンシェパードなどが挙げられます。
みんな動きが活発で、お散歩も小型犬のお散歩と比較にならないほど運動量が必要ですから、
その栄養を補わなければならないため、たくさん必要になってきます。

小型犬のフードは1キロや2キロ、4キロなど、小袋に梱包されているのが多いですが、
大型犬のドッグフードは6キロ~8キロほどが梱包されており、
袋の大きさは2倍~3倍の大きさになっています。

大型犬にももちろん皮膚の悩みやアレルギーなどありますから、
何でも食べさせればいいというわけではなく、
袋に書かれている原産国や、その内容物に含まれる添加物にも、気を配ってあげてください。

無理なく与えられる(続けられる)お値段のものを選ぶこと。
添加物・合成着色料などが使用されていないことを確認することもとても大事なポイントです。

大型犬が子犬の時には、小型犬と同じものでも構いません。
必ずパピー用(子犬用)のフードを食べさせるように徹底してください。

小型犬とは成長の過程が少々違い、
大型犬の場合には成犬の大きさになるまでに小型犬よりも長い時間がかかります。

子犬の時期の必要な栄養が足りないと、成長が遅れたりすることもあります。
骨の成長などにも関わってきてしまいますので、栄養が足りないということがないように十分注意していただきたいです。

体重に見合った適切な量のドッグフードを与えることが、
愛犬にとって必要になりますので、ドッグフードの袋に書かれている必要摂取量をきちんと守っていただき、
きちんと愛犬の健康管理を行いながら愛犬との生活を楽しんでいただきたいと思います。