ソフトドライフード

ドッグフードの種類にソフトドライフードというものがあります。

通常ドライフードと呼ばれているものにはほとんど水分が含まれていないことに対して、
このソフトドライフードは25~35%の水分が含まれていると言われています。

この水分を消費期限内ずっと保つために、「湿潤調整剤」という添加物を使っている製品がほとんどです。
この添加物が入っているおかげで、常にしっとりした、柔らかいドッグフードになっているというわけです。

しかも、この湿潤調整剤という添加物の他にも、水分が多いので非常に腐りやすくなっているため、
防腐剤や酸化防止剤などがたくさん入っている場合が多いので、
これから購入をご検討されるということであれば、
必ず袋、または箱に記載されている添加物の確認を怠らないようにしないといけません。

また、水分を多く含んでいるため、カビが発生しやすいという難点もあります。
なので、大きな袋の中でさらに小袋に梱包されていることが多いです。
開封したあとは、なるべく早く使い切るように心がけてください。

ドライフードのように固くはありませんので、
歯垢もつきやすく、顎の力を弱めてしまう可能性もあることから、
もし愛犬がドライフードを好んで食べているようであれば、あえてソフトドライフードに切り替える必要はないと思います。

ソフトドライフードはウェットフードと呼ばれているものとは異なり、
粒状になっていますので、長毛犬種の被毛を汚すことなく与えることができますので、
長毛犬種を飼育されている飼い主には喜ばれているようです。

このソフトドライフードは硬いドッグフードよりも匂いもついており、犬にとっては嗜好性の高いものになっていますので、
一度口に入れるとドライフードに戻したいと思った時に、ドライフードを食べてくれなくなってしまう恐れもあります。

通常ドライフードよりも値段も高くなりますので、
愛犬に一生食べさせていけるだけの金銭的余裕があるのかどうかなども、
検討材料に含んでみてください。