ドライフード

ドッグフードには様々な種類がありますが、その中でも最もポピュラーで格安なのが、
ドライフードと呼ばれているドッグフードです。

このドライフードというのは総合的に栄養が入っていて、犬に与えるには一番いいとも言われています。
消化も非常にいいとされていて、犬はこのドッグフードだけで生きていけるとされています。
それだけの栄養が凝縮されて詰まっている製品、ということになります。

犬の体重で細かく与える分量が指示されており、
適切な分量がパッケージに体重別に書き記されていることがほとんどです。
この分量を守って、愛犬の体調にあわせて少し増やしたり減らしたりしてあげれば良い、というものです。

このドライフードの作り方は作っている企業によっても様々らしく、
一概にこういう作り方ですよということは言えないのですが、
簡単に説明すれば、必要な栄養素を1粒1粒に詰まるように混ぜられていて、
それを乾燥させたものですから、水分の量が少なく、カリカリとした食感で、
犬たちの歯の健康にも役立っています。

犬の歯は、柔らかいものだけを与えていると歯石がたまりやすくなり、
犬の歯周病を発症したり、口臭がきつくなったりします。
犬の健康維持のためにも、ドライフードを食べることのできるワンちゃんには
与えると最も効果的と言えるでしょう。

お値段もドッグフードの中では一番お手頃な価格ですので、
これから末永く、生活を共にするワンちゃんの食事として与えるには最適かと思います。

栄養は満点ですから、どうしてもこの硬さが食べられないという子には、
お湯を注いでふやかして食べさせることもできます。
その場合にはその犬にあった硬さになるようにお湯の量を調整してください。

子犬の場合は子犬用(幼犬用)のドッグフードをお湯にふやかしてあげれば十分です。
高いからこれはいいものだ、というわけでは決してありません。

パッケージに書かれている添加物などをきちんとチェックして購入しましょう。