中毒を起こしてしまう食べ物とは

犬には食べさせてはいけない食べ物があります。

特に食べると毒素で、中毒になってしまうものがあります。
中毒症状を起こしてしまうモノで有名なものはネギ類です。
ネギ類は焼いた状態でも、生でも絶対にあげてはいけません。

ハインツ小体性溶血性貧血、という病気になってしまいます。
簡単に言えばネギ類を食べると貧血を起こしてしまうということです。
ネギ類というとどんなものがあるかというと、ニラ・玉ねぎ・長ネギ・ニンニクが一般的です。

ニンニクは大量に一度に摂取しなければほぼ問題はないと思いますが、
玉ねぎや長ネギは少量でも中毒症状が出てしまいますので十分に気をつけてください。

焼いてあってもダメ、煮てあってもダメということは、
人間が食べ残したハンバーグや玉ねぎの入ったグラタン、玉ねぎのお味噌汁など、
一見、犬が好きそうで美味しそうだなと思ってもあげてはいけないということです。

次に挙げられるのがチョコレートです。
カカオが大量に含まれているものが最も危険で、
チョコレートに含まれているテオブロミンという物質が中毒を引き起こすとされています。

少量で中毒を起こしてしまいますので、
犬の届くところにチョコレートを置いてはいけません。

同様に、コーヒーやコーラなどに含まれているカフェインでも同じことです。
コーヒーやコーラにもテオブロミンは含まれていますので、同様の中毒症状が出てしまいます。
ついついちょっと、の気持ちが犬を危険に晒してしまうことになります。

この他にもお散歩の道にも沢山の危険な植物もあります。
アサガオも食べてしまうとじつは危険なのです。

お散歩道の草花には除草剤などがかけられている場合もあり、
犬にとっては非常に危険ですので、お散歩中に草花を口に入れないように、注意している必要があります。
治療方法は症状に応じて胃洗浄だったり注射を打って吐かせたり、活性炭をお薬として投与することもあります。

いずれにせよ、飼い主の不注意から起こる中毒になりますので、くれぐれも気をつけてくださいね。