ドッグフードに含まれる栄養とは

ペットフード安全法によって、それまではさまざまなものが含まれていたペットフードも、人間に近い基準で保護されるようになりました。
犬は基本的には、人間と同じものを食べることができますが、体の大きさももちろん違い、必要とする栄養素も違います。

一見、肉などの動物性たんぱく質よりもとうもろこしなどの植物性たんぱく質の方が、身体に良さそうに思いますが、
実は犬の消化器官は、植物性たんぱく質の分解が得意ではありません。

また、犬に不要と言われる穀物が入っているドッグフードが多いのは、単価を下げるためであり、
安価なドッグフードほど、肉の表示よりも先にとうもろこしなどの記載があり、植物性たんぱく質が主成分であることも多いようです。

ドッグフードには、総合栄養食の他にも栄養補助食や間食用などもありますので、原料に何が使われていて、
愛犬には何が必要であるかを見極める必要があります。

それではここで、ドッグフードに含まれるべき栄養素をいくつか挙げてみます。
「ミネラル」血液をつくる鉄、骨をつくるカルシウムやリン、酵素を活性化させるマグネシウムなど、身体の機能調節・維持に欠かせない栄養素です。
またミネラルは、体内で合成することができない栄養素なので、食事から摂取する必要があり、ミネラルバランスが崩れると、
身体を正常に保つことができなくなるため、とても重要な栄養素と言えます。

「たんぱく質」体を構成する(筋肉や内臓、骨、皮膚、毛髪や血液など)重要な栄養素で、約20種類のアミノ酸からなるものです。
そのアミノ酸の中でも、体内で合成されずに食事から摂取しないといけないものを、必須アミノ酸と言います。

犬は肉食なので、牛などとは違い、必須アミノ酸をたくさん含んだ動物性たんぱく質をしっかりと摂らないといけません。
そしてドッグフードに使われるタンパク源となるものとして、体内で良く消化・吸収されるものには鶏肉が挙げられます。

「脂肪酸」脂肪というと言葉だけで、太りすぎたりするのではないかと心配になるかもしれませんが、脂肪は血液やホルモン生成の基になり、
ビタミン吸収などを助ける役割がある大事な栄養素と言えます。

この様にさまざまな栄養素がありますが、そんな栄養素であっても摂取の仕方(量やタイミングなど)や、同じ栄養素でも何から摂取するかによっても、
犬の健康に大きく影響します。ですから、飼い主のあなたが愛犬の様子をしっかりと見極めてあげることが大事です。