価値のあるドッグフードとは

安価すぎず、お肉中心の動物性たんぱく質が豊富に含まれ、農薬や添加物の検査公開をしていたり、
もしくは無添加・無農薬であるドッグフードは、市販されているドッグフードの中でも優秀なドッグフードと言えます。

総合栄養食であると言われるドッグフードですので、特別なことは考えずとも、お水とドッグフードをあげていれば良いのです。
ですが、やはり中にはアレルギーを持っていたりダイエットが必要であったり、老化により内臓器官が弱ってきているペットもいるでしょう。

今はさまざまなケースに対応したドッグフードも、もちろん手に入れることはできます。
ですが、やはり一番良いドッグフードと言うのは、愛犬のことを一番に想っている飼い主の手作りが、一番のドッグフードといえるのではないでしょうか。

手作り食であれば、愛犬の体調に合わせて、よりそのときの愛犬に合ったご飯を食べさせてあげることができます。
また人間が手に入れることのできる食材は、食品衛生法の基準値内のものです。

ドッグフードには、人間が食べてもいいとされる基準値よりも多い数値での規定となっていますので、
それだけでも、飼い主さんが手作りでドッグフードを作る価値はあります。

また毎日のうんちを片付けるのは、飼い主の仕事です。赤ちゃんのウンチを片付けるときに、固さや色をチェックするのと同じに、
愛犬のうんちも毎回チェックし、ゆるさや固さに合わせてその都度ご飯を調節してあげるのが一番です。

ですから、飼い主さんの手で作ったご飯をあげられることが、一番の価値のあるドッグフードと言えるのではないでしょうか。
手作りご飯なんて自分に作れるのか、と敬遠する方もいらっしゃるでしょうが、赤ちゃんにあげるために作る離乳食と同じような感覚で、
普段の家族の食事を作る合い間に、愛犬用の食材を混ぜたり火を通したりする程度で簡単にできてしまうのが、手作りドッグフードです。