ペットフード安全法とは

2009年に日本でもようやく、愛玩動物用飼料の安全性を確保する法律が施行されたのをご存知でしょうか。
この「ペットフード安全法」には、『愛玩動物用飼料の製造等に関する規制を行うことにより、愛玩動物用飼料の安全性の確保を図り、
もって愛玩動物の健康を保護し、動物の愛護に寄与することを目的とする。』とうたわれています。

ようやく日本でも一歩愛玩動物に対する関心がでてきましたね。
ですが残念なことに日本は、先進国の中でも愛玩動物に関する意識はまだまだ低いと言えます。

ペットフード安全法で規制されたものには、メラミンといった明らかに犬や猫の身体に影響を及ぼす有害物質のみで、
肉骨粉のような身体に悪い影響があるとは言い切れないという疑わしいものに関しては、まだ規制がされていないと言うのも事実です。

ですが肉骨粉に関しては、身体に影響があるない関係なく、愛玩動物に食べさせるべきではないものだとは思いませんか。
なぜならこの肉骨粉は、牛や豚、鶏などの食肉部分を除いた部分を加熱処理して乾燥させ、粉末にしたものです。
牛や豚、鶏など・・・という事は、犬や猫なども入っているかもしれないと言うことです。

実際に、ペットのレンダリング処理が違法ではないアメリカなどでは、安楽死させたペットが、レンダリング処理されていると言う報告があります。
安楽死させるために大量のガスを吸っていたり、ガンなどの病気で亡くなったペット、さらには事故死して虫にたかられていたような死骸も、
同じように処理されているとなれば、身体に害はないであろうからといって、自分の愛犬に本当に食べさせても平気だと言えますでしょうか。

この様に、ようやく施行された法律でもありますが、まだまだ規制するべき点もあるものです。
ですが、本当に最低限、ペットフードを食べることによってペットを病気にしないという点で、一歩前進といったところでしょうか。

今はまだペットの身体に影響は出ていませんが、牛に対する肉骨粉の危険性もようやく数年前に狂牛病として認知され、
初めて規制されたという例もありますので、やはり飼い主のみなさんがご自身のペットを守る上でも、きちんと成分表示などを確認し、
納得したものをあげるようにするべきなのではないでしょうか。